消費者金融のカードローンは対応が早いところが多いので、その日に即日融資を受けることも可能です。

予定もしていなかった出費で急にお金が必要になった、何てことが誰もが一度が経験したことがあるのではないでしょうか?

そんな時でも即日融資できる消費者金融なら、慌てること無くお金を用意できますので有り難いですよね。

しかし消費者金融のカードローンならどこでも即日融資が可能というわけではありません。

審査に時間がかかり融資実行までに1週間近くかかるカードローン業者だって中にはあります。

また、即日融資可能な金融業者でも手続き方法を間違えてしまえば、その日にお金を借りことが出来ないこともあります。

この様に即日融資と言ってもどの金融会社でも、そして誰でも簡単に利用できるわけではないのです。

そこで今回は、消費者金融のカードローンで即日融資する方法と注意点について解説します。

今日中にお金を何とかして借りたいという方や急ぎの方、是非ともチェックしてみてください。

消費者金融は大きく分けて中小サラ金と大手消費者金融の2種類です。

中小サラ金でも即日で借りれるカードローン業者はありますが、大手とは手続きの方法が異なりますので注意してください。

インターネットにて申し込みを受付けている業者も多いのですが、即日融資は基本来店となります。

通常の融資のみ口座振り込みで対応となるところが多いようです。

つまり全国対応でも、即日融資が受けられるのはその店舗に直接足を運べる方のみと言う事になります。

中小サラ金ですから店舗数はかなり少ないので、店舗付近にお住まいの方でないと即日で融資を受けるのは難しいです。

ですから中小サラ金で即日融資を受ける場合は、近くに店舗があるかどうか来店が可能かどうかを必ず確認すようにしましょう。

中には自動契約機を取り扱っている業者もありますが、これも店舗同様に設置数がかなり少ないです。

大手消費者金融は中小サラ金よりも対応が柔軟ですから、比較的即日融資も利用しやすいです。

大手消費者金融も中小サラ金同様に全国対応の金融業者が多いです。

しかも来店不要で即日融資可能ですから、近くに店舗がない方や、来店する時間がない方でも安心して借入できます。

即日融資の方法は2つ、口座振り込みとローンカード発行です。

振り込みする口座は基本的にどの銀行でも問題ありません。

提携金融機関であるネット銀行なら24時間振り込みが反映可能と非常に便利ですが、地方銀行などの口座でも全く問題ありません。

口座振込の場合は銀行の営業時間内に振り込みが完了するように手続を終わらせなければいけません。

銀行の営業時間は15時までですので、それ以降の振込は翌日扱いとなりますので注意しましょう。

何時までに申し込みすれば即日融資に間に合うのかはカードローン業者ごとに違いますから、締切時間をよく確認してから申込みしてください。

口座振り込みは締切時間が速いだけでなく、土日祝日は対応不可なのも大きなデメリットです。

提携金融機関の口座をお持ちであれば土日でも即日融資は可能ですが、地方銀行のカードローンなどは平日のみとなります。

もう1つの融資方法「ローンカード発行」について見ていきましょう。

ローンカードは通常郵送で受け取りとなるため、本来なら即日キャッシングは不可です。

しかし大手消費者金融では自動契約機によるカード発行が出来ますので、ローンカードでの即日融資が可能です。

インターネットから申し込みを行ない審査通過後に自動契約機で契約すれば、その場でローンカードが発行されます。

契約書類とローンカードがその場で発行されますので、自宅への郵送物もなく家族に内緒でお金を借りることも出来ますので安心です。

自動契約機はカードローン業者によって微妙に仕様が異なります。

申し込みからカード発行まで出来るものもあれば、カード発行のみのものもあります。

ただ、申し込みはインターネットで済ませたほうが効率的かと思います。

というのも万が一審査落ちした場合は無駄足となりますし、審査結果がすぐに出るわけではないのでその場で1時間以上も待たされるのは中々の苦痛だからです。

自動契約機は平日も土日も遅くまで営業しています。

大体は9時前後から夜の10時前後まで営業していますので、時間に余裕を持って手続きできます。

但し審査自体は夜の7時前後で閉めきるところが殆どですので、申し込みは早めに済ませておきましょう。

ネット銀行を持っていなく土日は口座振り込みが出来ない方や、口座振り込みに間に合わないという方は自動契約機を利用して融資を受けると良いでしょう。

また、大手消費者金融のカードローンは電話だけでなく書類での在籍確認が可能です。

会社が休日の日に審査を受ける場合でも、安心して借入できますよ。

消費者金融で即日融資を受けるのであれば利便性の高い大手を選ぶと良いでしょうね。

では、カードローンで低金利で融資を受けるにはどうしたらいいのでしょうか?

カードローンの金利は金融機関ごとに異なります。

基本的に銀行が安く消費者金融は高めです。

また、金利は融資額によっても異なり、これは法律によって定められています。

中には違法な金利で貸し付けを行う悪徳業者もありますので、あからさまな金利設定をしているカードローン業者には注意が必要です。

そうは言っても、低金利で借りれるカードローンを利用したいと多くの人が思うのではないでしょうか?

カードローンで低金利で借りるにはどの金融機関が良いのか、解説していきたいと思います。

低金利で借りれる金融機関といえばやはり銀行が代表的です。

銀行は法人向けの融資も行なうなど収益源が他にもありますので、安い金利で個人に貸し付けが可能なのです。

銀行カードローンの上限金利は概ね14%前後です。

一番高い金利で設定されたとしても利息負担額はそこまで高くありません。

また融資額も1000万円以上のところもあるなど高額な借入にも対応しているのが魅力的です。

そして何よりも安心して融資を受けれるのが1番の魅力と言っても過言ではありません。

安心してお金を借りたいと思うのは誰もが共通していることではないでしょうか?

低金利、高額融資、安心感、このような理由から銀行融資を希望する方が非常に多いです。

しかし銀行カードローンは審査が非常に厳しいです。

低金利で貸し付ける分、確実に回収しないといけませんのでより信用力と返済能力のの高い人にしか貸付しません。

パート・アルバイトは申込不可とする銀行もあり、お金を借りたいと簡単に借りれるようなところではないのです。

意外と知られていませんが信用金庫でもカードローンの取り扱いをしています。

しかも銀行に負けないほど金利は安いです。

中には上限金利でも2桁を切っているようなところもあるほどで、場合によっては銀行でお金を借りるよりもお得なことも。

但し銀行同様に審査基準はかなり厳しいです。

また信用金庫は地域密着型の金融機関ですから、営業地域内に居住若しくは勤務している方以外は利用できないという制約もあります。

使い勝手はあまり良くないのです。

では消費者金融のカードローンはどうでしょうか?

消費者金融でも全国展開ではなく地域に密着した貸付業務を行なう金融業者は沢山あります。

中小サラ金や街金と呼ばれる金融屋が正にこれです。

中小サラ金の一番の特徴とも言えるのが審査が甘い事です。

パート・アルバイトでも借りれるのはもちろんの事、多重債務や自己破産者でも貸し付けを行なうところがあります。

但しその分金利は非常に高く法定利息ギリギリの貸し付けを行なっているところが殆どです。

中には悪徳業者も紛れていることもあり、低金利を謳って客を囲い込もうとする業者もあるほどです。

借りるのは簡単ですが、リスクが大きすぎますので中小サラ金の利用は正直オススメできません。

大手消費者金融も中小サラ金ほどではないにしろ金利は基本的に高めです。

上限金利は概ね18%前後ですから決して決して安いわけではありません。

ですが大手消費者金融は対応が非常に早く即日融資のニーズに応えてくれます。

カードローンの利用を希望する方の殆どは直ぐに融資を受けたい人です。

いくら金利が安くてもその日に借りれなければ意味が無いと言うケースも少なくありません。

金利が高めと言っても、借入額が大きくなければそこまで金利差は出ません。

カードローンは基本的に初回は融資額が少なめですから尚更です。

金利はやはり銀行が安いですが、即日融資対応などのことを考えると使い勝手は大手消費者金融が1番でしょう。

また、大手なら無利息キャッシングを提供しているところもあり、それを利用すれば利息無しで借りることも可能です。

借入目的が一時的なものであれば大手消費者金融で借りる方がお得です。